読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takuji31.print()

カメラとかネトゲとかボウリングの話とか書くつもり

マイクロフォーサーズからニコンFマウントに乗り換えて1ヶ月ほど経った

マイクロフォーサーズからニコンFマウントに乗り換えて1ヶ月ほど経ったので移行した感想をまとめてみる。

よかったこと

露出と測光に対する理解が深まった

これは別にFマウントは関係ない。

一眼レフは撮るまでどう写るかが分からない。特にいいモデルだと露出をいい感じに持ち上げたりしてくれない(余計なことはしない)ので、黒い被写体はマイナス、白い被写体はプラスして撮ってやる必要があった。

これはミラーレスでは撮る前からだいたいわかるようになってて気付かなかった。

AF-C爆速わろた

速い、めっちゃいい、スポーツ撮影はかどる

D500の場合、AF-Cの設定をカスタマイズできるので、スポーツ用とか撮り鉄用で最適なAF性能にできてよい。

これはもう最高なのでスポーツ撮影辞めるまでは絶対使い続けるという気持ちです。

D500の高感度耐性よ

ISO51200でも鑑賞レベルなら見られるくらい。

撮ってる感増した

カシャッてミラーの音かっこいい、G8とかE-M5 IIでは得られなかった快感。

悪かったこと

持ち出しづらくなった

思ったより重いのは厳しい。致命的。

マウント統一してちょっとマシになるかと思ったけど、マイクロフォーサーズと一緒に持ち歩いてる時の方がまだ軽かった。

ちょっとカジュアルに写真撮りに行くかみたいなのがとてもやりづらくなった。

フルサイズよりはマシやろって思うやん?D500はD750よりでかいし重いんやで??

レンズ高杉わろた

わかってた、別にF4のレンズでもええやんって思ってた。

元々ボケる写真あまり撮らない勢だし、撮る時は望遠使うことが多いので、実質F値なんてクソ食らえである。SS稼げないほど厳しいことはない。F2.8ほしい。

でも、実質フルサイズレンズしかない世界観なのでF2.8レンズゲットするのかなり厳しい。

型落ちのVRなしを使える腕もない。

ライブビュー使い物にならないの思ったより厳しい

意外と自分はライブビュー眺めながら撮っていたことに気付く。

動画がまともに撮れない

3月にハワイ旅行へ行くんだけど、これはやばい、致命的。

撮ってる感が出過ぎる

たいそうな装備なので、撮ってる感出すぎて周りから変な目で見られることもある。

将来性に対する漠然とした不安

5年後10年後にFマウントはまだ生きているのかめっちゃ不安。不変のFマウントとは言うけど…

結論

スポーツ撮影は現状のままD500を使うけど、メインのカメラはマイクロフォーサーズに戻すことにした。

サブ機で買ったD7200と35mmの単焦点を生贄にE-M1をゲットする、Mark IIじゃないのは予算の都合。

ボーナス出たらMark II買いたい。またオリンパスでがんばる。

高い勉強代払ったなという気持ち。